05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

メイポ物語 

         メイポ物語五話MC2nd
りゅー達はシュピゲルマンのいったとおりMC2ndに向かうためオルビスへと向かっていた。りゅー達がまだ駆け出しの頃はここで怖い思いをした。船にのっていたらいきなり空からレッサーバルログが現れてりゅー達を襲ってきて一緒の船に乗っていた人がりゅー達を助けてくれた。でも今回はどうやらレッサーバルログはこないみたいだった。

りゅー達はオルビスにつきMC2ndに向かった。そしたらなんとMC1にいたときのシュピゲルマンにそっくりのシュピゲルマンという男がいたのだ。    
実はポケモンと同じのジョーイサン的に兄弟がいるのだ。

シュピゲルマン「やぁ、そこの君たちもしかしてMC2ndをplayしにきたのかい?」
りゅーは瞬間的に思った(このシュピゲルマン顔は似てても口調ちげー・・・・・(てかキモイ))。りゅーはいってはいけないことを口ではなく心の中で言ってしまった。りゅーは輝と目をあわせ輝も同じことを思っていたんだろうと目で判断した。
それはともなれりゅー達はMC2ndにいれてもらうようシュピゲルマンにいった。
りゅー「シュピゲルマン MC2ndで修行したいんだけど入ってもかな?」
輝「俺たちMC1を卒業してきたんだ。なんかMC1を短時間でクリアしたとかで歴代探してもそうはいないぞってMC1のシュピゲルマンにいわれたんだぜ!  ごめんね、強くてさ~」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
時が一瞬止まった―――――――
シュピゲルマンが空気を読み
シュピゲルマン「そうかMC1を卒業した人たちか。ささ奥へはいりなさい。」
りゅーはシュピゲルマンの言うがままに。
輝はなにもなかったかのようにりゅーに続いた。
なかの作りは印象的にまぁあんまりMC1とかわらなかった。りゅー達は一回MC2ndをやってみることにした。

りゅー達はやってみて
りゅー「まぁかわんないな~」
輝「変わんないね~  まぁ敵は替わったけど僕は強いからksはksだね」
りゅーはこのとき初めて思った。ぃや思うのが遅かった。輝はナルシストでKYだ  。
  自己紹介
名前りゅー 
血液型 A
星座 みずがめ座
好きな食べ物 クレープ
嫌いな食べ物 ピーマン(なま)
嫌いな人 KY、ナルシ、キモイやつ、いかれてるひと、福地、特に嫌いなのはkY(空気読めない)のやつと福地。
ああそうそうKYのことを価格安いとかいってるばかいたは

このKY=価格安い  とかいってるやつのコメントも受け付けるんでよろしく!!(常識を教えてやってくれ悪口でもk  yr)
とりゅーの自己紹介でした。


まぁそんなKYでナルシな輝をほっておきりゅーはMC2ndを続けた。

思ったよりMC1よりMC2ndのほうが上達がはやかった。敵が強いのもあるがりゅー達が強くなり修行の仕方がうまくなったのもある。


りゅーと輝はあっというまに上達した。MC2ndに入る前でも十分強かったがMC2ndに入りさらに腕をあげた。


りゅーと輝はMC2ndのなかでも一目おかれる存在となった。りゅー達と組めば勝てるとか色々と噂が増えた。



そんな中シュピゲルマンがちかより
シュピゲルマン「やぁ君たちだいぶFamous(有名)になってきたじゃないか!でまぁ他に話があるんだが」
輝「話? 話ってなんだよ。ん!もしかしていよいよ3次転職か?まぁ強い僕には楽勝なんだけどね」
シュピゲルマンは困ったように苦笑いした。
シュピゲルマン「輝の言うとおりそろそろ3次転職のころかとおもって声をかけたんだ。でも輝 3次転職はそんななめてたんじゃできないぞ。3次転職は2次転職の時とLVが桁外れだ。お前たちの師匠たちと戦うしな。まぁまずはオルビス塔をしたまでおりてエルナスへ向かって3次転職官に話てくるんだな」
とシュピゲルマンはながながと話した。

輝は(へんそんなこといったって俺は最強だから相手になんないね)みたいな顔をしてた。

りゅーはそれを無視してエルナスへと向かい始めた。それを見た輝はあわててりゅーへとついていった。


第5話おしまい
スポンサーサイト

テーマ: メイポ物語

ジャンル: 小説・文学

[edit]

« メイポ物語~  |  REBORN最高パート2 »

この記事に対するコメント

輝がナルシwww

おお!なんだかすごいことになってきたけど。次はどうなるのかな?

軌跡 #- | URL | 2010/05/01 14:53 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://whitebluesky.blog122.fc2.com/tb.php/58-eb43891a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。