07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

ストーリでいいのがうかばず・・・ 

タイトルこんなんだけど書きます!
メイポ物語は俺的に最後の方がいい感じなんですよねー←悪魔で俺的に・・・・orz

まぁ―――――――とかいれる感じでいってますwww

まぁこのメイポ物語はあくまでもフィクションです。メイプルでは存在しない敵やボスなどたくさんぞっくぞくでてきます。 (絵がないから伝わりにくいけどそこ井にまかせるってことで(ry   おk

作者 槍龍 絵 井師匠  ←これでいってみよーか


まぁメイポちょっとやりたいんで今日はすぐ終わらせます←


メイポ物語第6話
        対決ネクロマンサー! ネクロマンサー編



りゅー「香澄さん?・・・・・・・・この人数は?・・・・・・」

香澄「すごいでしょーあらゆる場所から名のある人達を探してつれてきたんだー」

りゅー「それにしても3ヶ月でこれだけの人数あつめるなんて・・・・・・・」

輝「すごいです感激です!!さすが香澄さん」

ハル「輝はさがってよーねー」
輝はハルによって遠くに運ばれた
そこにりゅーがある人に目をつけた
りゅー「あの・・・・もしかしてルークさん?」

香澄「そうよあの伝説の剣使いルークさん。私も探すのには苦労したわ」

ルーク「ルークだよろしく!世界の危機だからなうわさを聞きつけた頃この女の人がきたからな。それにしてもうわさがひろがってるぜ?いいのか?」

りゅー「あんまりよくないんですけど、もうネクロマンサーの首とりにいくし大丈夫・・・・・・だと思います」

りゅー「では速めに倒したほうがいいと思うのでそろそろ行きますか?」
このときりゅーは自信にみちあふれていた。言い方も必ず倒せるみたいな言い方だった

りゅー「輝、ハル出発だいくぞー」

こうしてりゅー達と香澄が連れて来てくれた人達とでネクロマンサーが封印されてる場所へ向かった




先頭はりゅー次に輝そしてハルという順番で後ろに約100人ついてきている。

りゅー「ついたぞ。作戦どおりにいく」

りゅーはあらかじめ作戦を立てていた。
その作戦とは

まず遠距離系がネクロマンサーの後ろに回りこみ攻撃する。その隙に氷属性を持っている人達がネクロマンサーの正面にいききがそれているうちに凍らせる。ネクロマンサーが凍った後とりあえずネクロマンサーの正面へいき攻撃力がある人からいっきに叩き込む。遠距離は後ろから攻撃。

これがりゅーの作戦だ。一見シンプルだがネクロマンサーがいる場所は広くトラップなどを使うのはむずかしい。

りゅーは小さい声で後ろに
りゅー「みんな配置につけ」

後ろで聞いた人がさらに後ろに伝えていく。


そして


りゅー「よし戦闘にはいるぞ」
りゅーはこのとき手をあげ合図を送った。

これにより遠距離職による怒涛の攻撃が始まった。

ネクロマンサー「なんだこれは・・・・うわぁぁぁぁぁぁ。ブラック、リチャードこやつらを蹴散らせぇ」

このとき言った二人のなわきっとりゅー達を殺そうとしたやつらだ。

りゅー「二人来るぞ、作戦とは少し違うが近距離系はあの二人を足止めする。」

りゅーの合図でいっきに二人を圧倒する。

ブラック「おやおや、あのときのガキかい。またやられにきたか?」

りゅー「あぁぁ?やられにきただと?あの時に俺に見えるか?」

次回 りゅーVSブラック&リチャード  
スポンサーサイト

[edit]

« めいぽ  |  俺のサク時間返してくださいネクソンs »

この記事に対するコメント

ぼくも、ネット友やリア友にクリックしてくれぇって頼んだことがあります
1位を独占してましたww
少し前は、ぼくのブログとメイプルラインが独占していたというのにww

えっと、いきなりですが 相互リンクとブロ友になりませんか?

かずここ #- | URL | 2010/08/26 20:44 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://whitebluesky.blog122.fc2.com/tb.php/140-4e2efc2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。